2017年9月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

せめぎ合いに、

dsc02814

勝ちました!

何との?

猿との!

畑の周りのイノシシ、シカ避けの柵にからんだむかご。
ちょっとやられたけれど、収穫して、美味しいむかご飯に(^^)

9月のはじめから、3回の奴らの襲撃。
5連発発射のロケット弾の講習を受けて、川根10人衆の一人となった私。

3回の襲撃の度に出動!
出没の度に攻撃した成果か、今のところ、目撃情報無しです。

移住して、8年。
草刈り機、トラクター、ロケット弾と、いろいろ守備範囲が広がりました。
たくましさは増す一方なので、今年度の目標、”フェミニンなおばちゃん”を忘れず、
日々、邁進して参ります。

8年経ってもやっぱり。
楽しや、田舎暮らしです(^^)

改めて。

dsc02784

読んでみました、日本国憲法。
(日本おばちゃん連合、即加入したい!)

”主権在民”なんです。

例えば、安保法案。
賛成、反対、両方の意見があるけれど、
「自分は、こう考える」と意思表示したい。
ちゃんと、自分なりに思考を重ね、選択することをやめてはいけない。
あきらめてはいけない。無関心ではいけないなと。

毎日の当たり前の生活も平和も、いろんな事全て、ホントは当たり前でないんですよね。
自分たちの持ってる権利を使わないのは、もったいなーい。

ガンジーだって、マザーテレサだって、最初はたった一人から。
一人の力は大きい。
さぁー、目覚めよう!諸君ー‼(・・・、あんた何者じゃーい(*_*))

いろいろと・・・、

dsc02812

いつもなら、忙しい春と秋の間の夏は、ちょっと一息夏休み~♪ な感じですが、
話し合うこと、考えること、そしてまた話し合うことの多い夏でした。

あっという間に9月になって、稲穂は金色に色づき始め、
まわりの季節は秋へと巡りってます。

話してみないと、お互いすれ違っていたこと。
話してみたから、改善策を考えられたこと。
話してみても、分かり合えなかったこと。

いろんな結果になったけど、やっぱりお互い話をするのは大切なこと。

よく聞かれます。「どこを目指しているの?」と。

こっちの方向かなぁ~、ってことくらいはイメージしているけれど、
目の前のことを精一杯に。
気が付けば、歩んできた細ーい道が出来ていた。
いつもそんな感じです。

有難い事に、やりたいことがいっぱいあって、
関わってくれる人も少しづつ増え、特に若い世代の仲間がちらほら見えてきました。

数年前に妄想していた事も形になりつつあります。

去年に続き、2回目の11月22日「里と山の文化祭」も、少々遅れ気味に焦りながらですが、ほぼ企画が固まり、
後は、フライヤーの出来上がりを待つところまで漕ぎつけました。

大好きな川根で、窓からの風景を眺めながら、今日はいろいろ総仕上げ。
カラッと爽やかな風の吹く午後です。

こんなひと時が、かけがえのない穏やかで幸せな時間です。

みんなの学校

dsc02572

すごい映画、見つけました!

「みんなの学校」
大阪の大空小学校という学校の取り組み、
”不登校も特別支援学級もない 同じ教室で一緒に学ぶ ふつうの公立小学校の   みんなが笑顔になる挑戦” を撮影したドキュメンタリー映画です。

とにかく素晴らしい!
1人でも多くの、どんな人にも、大人も子供も、学校の先生も、いろんな人に観てもらいたーい‼ってことで、
去年やった「里と山の文化祭」。
今年も、いろんな人のご尽力で「第2回 里と山の文化祭」11月22日に開催が決定致しました。
この時に、大ホールで「里山シアター」として、上映会、やりまーす♪

なんとー‼
「みんなの学校」「夢は牛のお医者さん」「未来の食卓」の豪華3本立て。
どれも、地域の学校や小さなコミュニティー、小さな村全体で助け合いながら取り組むいろいろを映し出したドキュメンタリー映画。
めっちゃええけんヽ(^。^)ノ

どんなにええか?
もちろん!
それは観てのお楽しみ~。
観ると観ないでは、次の日からの人生が変わっちゃうよん♡

勲章か?!

dsc02637

3日くらい前、まぶたの上のシミをよく見ると、ハートの形!
いつから出来ていたのか?
もっと早く気付けよって感じですが、毎日、ろくに自分の顔を見てないってことなんでしょうね・・・。

今年のテーマは「フェミニンなおばちゃん」なんだけど、”キュートなシミ”が、フェミニンなおばちゃんを後押しか~?

シミはシミでも、なんか嬉しい。
シミもシワもだんだん増えてきたけど、年を取るのも悪くないと思ってます。

若いころは受け入れられなかった事もだんだん”まぁ、ええか”と受け入れられるようになったり。
体力もちょっとずつ落ちてきてるんだろうけど、まだまだ頑張れてたりすると自分で自分を褒めてあげられるし。

若いころの職場のモットーは、
「執念こそ活動のエネルギーだ!」だったけど、「情熱こそ、活動のエネルギーだ!」と思う。

もう充分な大人と言えるほど年を取ったけど、
若いころと同じように、情熱がある事が分かったし(^^)

まぶたにハートを携えて、
”おばちゃんやけど、楽しそうやなぁ””年を取るのもええなぁ”と、
若者に思ってもらえる「フェミニンなおばちゃん」になるぞ~‼

メロメロ~

dsc02604

1週間前の6月14日、新しい家族がやって来ました(^^)
名前はニコちゃん(♀)。
3人とも瞬時に撃沈!
メロメロ、デレデレ、溺愛です。

1週間で600グラムも体重が増え、すくすく育っております。

ただ1人、アンジェラだけが微妙な感じ。
だんだん慣れてもらうしかないな~。

雲を見るのが好きなんです(^^)

dsc025731

dsc02570

こんな雲が広がってます(^^)

dsc02592

羽釜ごはん

dsc02568

5月の連休に、突然壊れた電気炊飯器。
買い替えようかなぁと思いつつ、まあいいやと思い直し、
毎日、鉄の羽釜でご飯を炊くことに。

以前から、たまにこの羽釜でご飯を炊くと、お米好きの夫も、”味覚がまあまあええ線いってる”娘も喜んでくれていたけれど、
ついつい便利で手っ取り早いので炊飯器に舞い戻る。
そんな生活でした。

が、しかし。
炊飯器を手放して、早1ヶ月半。

少々の手間は増えたかもしれないけれど、毎食のご飯は格段に美味!

いつも考えてしまう、私達の毎日の暮らし。
電化製品に囲まれて、何でも手作りしていた頃よりもずっと便利になったはずなのに、
時間に追われ、急き立てられるような毎日。

生きるために何より大切な食べる事も「時短、パッとひとふり、チンして」などが大横行。

毎食美味しいご飯を食べることは、毎日小さな幸せを積み重ねる事。
食べる人を思いながらひと手間かけた食事は、やっぱり違うと私は思う。
何に重きを置くかは人それぞれだけれど、「いのち」より大切なものは無し。
便利、合理的、そんな風潮に乗って手放してしまった大切な事を少し取り戻せたかな。
羽釜でご飯を炊きながら、そんな事を思う。

深いな。
羽釜飯!

菜種

dsc02594

そして私達は、菜種の刈り取り、脱穀作業の真っただ中(+o+)

6月に入り、久しぶりの200キロ超えの収穫を目指し、奮闘中!
今年も頼もしき助っ人、ピースのみんなにも手伝ってもらい、なんとか目途がつきました。
作業がはかどるだけでなく、彼らといると心和みます。
去年、教えてもらったダンプカーの色別の呼び名が違っていることを、また一から教えてもらったり、
たわいないおしゃべりをしながらも、ガンガン農作業!
村の農家にも紹介したところ、来年は呼んでみようかとのこと。
出来る事と出来ない事はあるけれど、ピンポイントできてくれる彼らは、農繁期には有難い存在。

若くたくましい男達よ、来年もまってるぜ~(^_^)/

(障害者事業所ピース 0897-57-9003)

前半、無事終了!

dsc02577

dsc02588

dsc02590

6月7日の青空マーケット。
梅雨の合間の晴天!

今回は、「初夏の里山自然観察会」、「まんがら農園 自然農の畑のお散歩会」、「無農薬大豆で納豆作り」と、
ワークショップが盛りだくさんでした。

今年に入って、毎回やってる「まんがら農園 自然農の畑のお散歩会」。
私は会場での段取りのため、まだ参加した事がないのだけど、まんがら農園の育ちゃんのガイドは好評で、
参加した人は、楽しかったよ~と感想を伝えてくれます。
今回、初参加の若いご夫婦も、特に奥さまが自然農に興味深々で、ツアーから帰って来たら目がキラキラ!

そして久しぶりの「初夏の里山自然観察会」は、山本貴仁さんの解説なので楽しくないわけがない!(^^)!
画像は、仕込んでいたかのように表れた巨大なシーボルトミミズにみなさん釘づけ。
なんでも、蝶の幼虫を見つけて、山本さんが解説中に振り向くとサナギになっていたとかで、みんなでびっくりだったそう!
ちびっ子たちも、終始、前のめり気味で、あっという間の2時間だったよう♪

そして午後からは「無農薬大豆で納豆作り」
久万高原のうずさんが、稲わらで作る納豆を教えてくれました!
当日の飛び入り参加の方も多数いて、大賑わい。
稲わらで包んで2、3日、40度くらいの温度を保ちながら、毛布などでくるんで熟成させて完成。
うちは、娘が参加したので、温度キープを聞き逃していて、ブランケットにくるんだだけで放置。
温度をキープした人たちよりは時間がかかったけれど、木曜の朝にはほんのり納豆の香りとネバネバが。
冷蔵庫で2、3日熟成させるとより美味しいとのことだったので、食べたい気持ちをぐっとこらえ冷蔵庫へ。
14日の日曜日に頂きました~。
なんとも芳醇な香りの納豆は、今まで食べたことのない感じ。
大豆の味がギューッと濃い、フレッシュな味わいです。
またやって欲しいなぁ。

ってことで、前半のイベントが無事終了。
今年も、半分が過ぎようとしてます。
早えーっ‼