2019年3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ちょっと自慢!

ただ今、10月の種まきにむけて畑作りに大忙し(@_@) 5反半(およそ1600坪)の畑を愛機マリリンちゃん(草刈り機)で、 刈って、刈って、刈って、なんとか草刈り完了。

久し振りに先週はお化粧をしたままリビングで眠り込んでしまって、 目が覚めると夜中に・・・、という事が2回。 夫も起こしてくれたらしいのだけど、爆睡。 ”泥のように”眠りこける毎日でっす!

気が付くと、左手にマメが。 ちょっとずつ、ホンマもんの農家に近づいているようで、ちょっと自慢(^.^)

そして昨日からは、村の仲良し、愛子さんに譲ってもらった トラクターで耕運開始。 5年目を迎える菜種油作り「幸せの黄色い菜の花大作戦」。 汗水たらして!、ええもん作りまっせ~♪

刈る‼

ここは、私のスーパーアドバイザー・マサコさんの梅畑。 約30本の大きな梅の木が数年間、放置されていたところ。

まずは、手前の10本を夫にチェーンソーで強剪定してもらい、 まわりの草をマリリンちゃん(草刈り機)で、刈る、刈る、刈る‼ 背丈ほどの草をかき分け、さながらジャングル探検のよう(@_@)

無農薬の”笑呼心梅”の実る日を夢見て。 そして、今年から、いちじくの手入れも始めました。 ”笑呼心いちじく”の実る日を夢見て。

ふぅ~っ。 夢見る事が多くて幸せいっぱい♪

ふふっ! メデタイ(^.^)

アンジェラとともに・・・

ゴールデンウィークでエネルギーを充電し、元気満々の私。 一雨ごとに草がグングングンと勢いよく伸びる季節。

アンジェラとともに、草刈り機のマリリンちゃんもフル稼働‼ 一度に頑張り過ぎて、また腕が大変な事になってもいけないので、 毎日少しずつ作業。 3つある菜の花畑のまわりを刈り終えました。 これから農作業が佳境を迎えます。 カラダも労わりながら、頑張るぞ~♪

ハッカー

これは、針金などをクルクルとしめていくハッカーという工具。 まだまだ下手っぴーですが、これを駆使して、 イノシシ対策の大仕事、5班・950mの柵の設置をやり遂げました!(^^)!

おじさんと、おじさんと、おじさんと、おじいさんと、おじいさんと、青年と、 おばさん(私)という感じのメンバーでしたが、中では2番目の若手。

”お娘さん”と呼ばれ、テンション上げ上げ↗↗で。

山間から杉花粉が薄黄緑の花粉を舞い上げるのを観測しつつ、 ウグイスが鳴き始めた里山で朝から夕方まで丸2日。

お風呂上がりのビールがおいしかった~♪

”農”

村のスーパーアドバイザーマサ子さんが ”手入れして、自由に収穫していいよ”と言ってくれていた広大な梅畑。 足掛け3年。 やっと、本格的に着手。 葛が巻きついて、瀕死の状態の40本弱の梅の大木。 まずは10本を強剪定。 笑呼心梅がたわわに実る日を夢見て、汗を流します。 持ち帰ったつぼみのついた一枝の梅。 花開いてくれるかな~。

そして、そして、組合員。 なんの組合? 農業者。

見事?!去年の10月に農業委員会に申請して、農業従事者となった私。 自動的に地元川根地区の農業者の組合員に。 中山間村助成事業?だったっけ。 それの事業の一環で、イノシシ対策の策を張り巡らすそうな。 私は5班に割り振られ、今週の金・土・日で900メートル余りを施工予定。

農業者になったと言えども、まだまだ”なんちゃって農家”の私。 のどかな田園風景に柵を張り巡らすのはなんだか胸が苦しい。 けれども、そんな事も言ってられないのが高齢化と過疎化のすすんだ里山の現状。 本当は、1次産業従事者がゆったりと暮らせるような世の中にならないと根本的な解決には至らないのだろうな・・・。 ともあれ、新米としては、出来る事をやらせていただこう。

知ってました? 農業委員会に申し出ずに耕作する農業者の事を”闇耕作”と呼ぶことを。 なんだか、隠れキリシタンのよう。

私は”明るい”耕作者になったということなのか(@_@)

!(^^)!

この最近はどっぷりと、てんつくな毎日♪ 昨日は以前、イベントに参加させてもらった今治青年会議所の八木さんのところへチラシを持って挨拶に。 今度の定例会でみなさんに案内してくれる事に。 とっても感動したのが、帰りに駐車場から出る時も誘導してくれて、お見送りをしていただいた事。 ちょっとした事だけど、相手を思いやる心遣いが伝わります。 私も見習おう!

その後、お会いしたのが公民館主事の青野さん。 福島の子供達を5年に渡り、冬休みや春休みなどにこちらに招いて心身共にサポートしようというプロジェクトに取り組んでいる方。 お話していて、気持ちが良い! いろんなところでいろんな人が動いてる。 なんだか、元気を分けてもらう。 ”てんつくマンDay”をきっかけにたくさんの出逢いが生まれてる。 今日は西条のライオンズクラブのみなさんにイベントの説明に行く予定。 「笑顔の種」を蒔いて来よう。 改めて思う。 私は人に会うのが大好き。 あ~、楽しい(^.^)

と、こんな毎日の中、本当の種も蒔いてます! ホウレンソウに大根、からし菜。 稔りが楽しみ。

デビュー!

ついに、憧れのトラクター、一人立ち。 デビューしました~(^.^) 機械の使用は最小限に抑えていく方針は変わらないけれど、 合計6反ほどの耕作面積は、文明の利器の力も借りないと間に合わず・・・。 愛子さん宅で大切に使われていたトラクターを譲り受け、 村人から夫に操作を伝授。 そして夫から私が習い、昨日のデビューとなりました。 耕すそばから、カラスがおこぼれの虫をゲットしによってきます。 一昨日、昨日と2日がかりで1反半の畑を耕運。 今日も午前中、次の畑を耕しに行ってきま~す♪

初めての・・・

民泊体験! なんだか変に気を使ってしまって疲れたものの、とっても貴重な体験(^.^)

来てくれたのは、はるかちゃん・ななみちゃんと、 かれんちゃん・ゆいちゃん・りさちゃん。

学校が違うせいか、2対3に分かれてしまいがちでちょっとハラハラ。 うちは今、農作業がないので初日は日曜日のもぎたて祭のポップを一緒に作ってもらう事に。

出来上がったポップは「畑」という字の中に草の模様が入っていたり、 「ももくり」の「も」の中が桃だらけだったりで、さすがの感性‼ とっても楽しい物が出来ました。 次の日はゆきもと農園に送り込み、イチゴの苗作り作業。 お昼を差し入れして、笑呼心の子供達とみんなで食事をしてからお別れ。

最後に集合してバスに乗って帰っていったのだけど、 はるかちゃんが窓から手を振り、「野島さ~ん」と声を掛けてくれる。 なんだか胸がキュ~ン‼ 「世界ウルルン滞在記」で、受け入れ家族も訪問者も最後によく泣いていたけど、 わかるわ~、その気持ち。

見ず知らずの他人の家に宿泊する子供達もいろいろ学ぶ事もあるのだろうけれど、 受け入れ側も学ばせてもらう事は大きいです。

10月に今度は香川県から2泊3日で小学生が来るのだけれど、 今度はもう少しリラックスして受け入れができるかな~。

これなーんだ!

答えは、とってもおおらかに広がりながらお育ちの白菜さん。 植え付けが遅かったので、葉を巻く気配は皆無です(+_+) しかしながら、鍋に煮ものにと必要枚数ずつ使えるので、かえって便利かも!? 白菜の葉って、採れたてはちくちく痛い細いトゲトゲがあるの知ってました? 作るからこそわかる事っすよね~と感心。 少々歯ごたえのある白菜だけれど、愛しみながらいただいております。 次はゴルフボールくらいのカリフラワーの成長を今か今か、それともこのままか・・・と、 期待と不安の入り混じる親心、いえいえ、食いしん坊魂で心待ちにしている今日この頃です。

おしゃれさん

昨日も元気に畝作り♪ 昨日は4人で午前中フル活動‼ 最高新記録の8畝を作り、崩れ落ちるかのごとく畑に座り、しばし休憩。 ふと足元を見ると、鮮やかなオレンジ色のカメムシ発見。 うちの畑はミミズやコオロギをはじめ、虫もいっぱい。 身体はヘロヘロなのに、畑仕事はなんでこんなに気持ちが良いんだろう。 真夏のむせかえるような伊吹とは違う、稲刈りのころの日向の臭い。 青く高い空。 風を形にしたような雲。 2反の畑の畝作りも15畝が完成。 なんとか終わりが見えてきた。 さぁ、今日も頑張ろう!(^^)!