2017年5月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

久しぶりにブログ~。

なんだか年々、忙しさが増すような気がする今日この頃。

久しぶりにブログに向かってます~。

春の楽raku市・17も、菜種の刈り取りも無事に終え、ホッと一息と行きたいところですが、5月25日に参加した「憲法カフェ」で、知ってしまったんです。奴らの真の狙いを。

4月の始め、「安保法制反対」の署名を、私よりだいぶ先輩の女性に頼まれました。その時は、”安保法制、なんとかしないといけないけれど、私も忙しいし、誰かがやってることのサポートでいいや”と思ってました。ところがところが、憲法カフェでの松山大学の遠藤先生のお話しを聞いて、いてもたってもいられず、6月15日に丹原でも先生をお迎えして「憲法勉強会」やりました。20人の老若男女が参加。次は7月1日に、”うしろのしょうめんだーれ”で、「不思議なクニの憲法」やります。

私史上、初めての農繁期なのにこのタイミングで緊急アクションです!

何が私を突き動かしたのか?

ずっと感じてきたこと。それは、現政権のすり替え、まやかし。この前の衆院選で「アベノミクスを突き進めなくては!経済を!」と訴えて、議席を確保したとたんに、安保法案のあの強引な採決。今度も憲法改正はそっと静かに争点隠し。卑怯この上なしだと、私は思う。政治家なら、堂々と争点にして戦えー。そして、そーっとそーっとすすめてる緊急事態法。これが成立してしまうと、取り返しのつかない事に。まやかしと隠避。私達は、耳を澄ませて、目を皿のようにしてホントの事を知らないと、気付いたときにはやられます、奴らに。(ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」では、その危険な真実もとても分かりやすく画かれています)

危険な奴らに対抗して、私も今、獰猛な女になってます(^^)

今までなら、楽raku市も青空マーケットも、それから講演会や映画の自主上映会も「良かったら来てね~」と言ってましたが、「不思議なクニの憲法」は、「とにかく、観て。何とか時間を作って。」と、手当たり次第に襲ってます!あなたのところにも、シャークのような私が現れるかもですよ・・・。

知ってしまったからには、動かなくては。

”動けば変わる”のモットーのままに!

 

*不思議なクニの憲法(http://fushigina.jp/)

7月1日・金曜日

10時30分~12時30分 13時30分~15時30分 19時~21時

うしろのしょうめんだーれ(西条市丹原町来見777-1 電話0898-73-2207)

前売り1000円 当日1300円(ともに1ドリンク付き)

 

 

 

 

長い間、ブログをお休みしてしまった~!

なんだかずっと発信してて、自分の中が空っぽになってしまったような感じがしてました。

あっという間に4月になって、草木の芽吹きと共に、私もまた芽吹いてきた気配。

昨日、娘にもらったハーブのブーケ。

見てると嬉しくなって、その勢いでブログ再開♪

新たな目標も見えてきたので、そろそろ始動。

また、頑張るぞ~(^^)v

秋の日に。

10月10日、私達家族の大切な友人が旅立ちました。

忙しい毎日の中、ふっと彼を思い出すとき、もう、姿を見られないんだなと寂しい気持ちで心がいっぱいになったり、 現実ではないような気がしたり。 彼を送ってから、もうずいぶんと時間が過ぎてしまったように思えたり。

いろんな気持ちが錯綜します。

2年の闘病を、本当に精一杯頑張った彼。 最後の時まで力を振りしぼっていた彼。

いない事を何度も何度も実感して、心の遣りどころを見つけていくのかな。

秋の気配は、物寂しい気持ちにさせるけれど、今年の秋は格別の寂しさです。

生のある限り、私のやるべき事をやっていくこと。 改めて、強くそう思う秋です。

毎日当たり前のようにやって来る、今日を大切にね。

お世話になったし、

先日のラブちゃんの故障でお世話になったので、 今日は、恩返し草刈に参加。

川根集落の米作りを担うアニキ達と、汗を流す。 ”汗水流して”働いた後の、10月の風の心地良いこと!

「来年は米作りも」という野心を胸に、最若手(今日のメンバーの中で)として、頑張らせていただきやした!(^^)!

川根集落でグリーンツーリズムにも一緒に取り組む、アニキ達。

持ちつ、持たれつ、お互いさまで。

川根に足を運んでくれる人が増えて、集落がにぎやかになるといいなぁ。

なんじゃこりゃ!

ある日のこと。 菜種の種まき前に、畑を耕耘しようとラブちゃん(トラクター)のエンジン、スタート。 すると、プスンっと、ラブちゃんが・・・。 その後、ウンともスンとも言わなくなったラブちゃんに乗り、途方に暮れていると、後方から、 「どしたんで?」と、Iさん。 「バッテリーじゃろ」と、ケーブルやらを取ってきてくれました。 そうこうするうちに、kさんも来て、二人で格闘。 それでも、ラブちゃん、復活せず。 そしたらHさんもやってきて、ラブちゃん、無事に回復。

所要時間、3時間弱。 みんな、優しい~。 頼まなくとも、助けて助け合って。 なんじゃこりゃ!、有り得へんくらい、有難し。

またまた、田舎暮らし最高! そう感じる出来事でした(^^)

せめぎ合いに、

勝ちました!

何との?

猿との!

畑の周りのイノシシ、シカ避けの柵にからんだむかご。 ちょっとやられたけれど、収穫して、美味しいむかご飯に(^^)

9月のはじめから、3回の奴らの襲撃。 5連発発射のロケット弾の講習を受けて、川根10人衆の一人となった私。

3回の襲撃の度に出動! 出没の度に攻撃した成果か、今のところ、目撃情報無しです。

移住して、8年。 草刈り機、トラクター、ロケット弾と、いろいろ守備範囲が広がりました。 たくましさは増す一方なので、今年度の目標、”フェミニンなおばちゃん”を忘れず、 日々、邁進して参ります。

8年経ってもやっぱり。 楽しや、田舎暮らしです(^^)

改めて。

読んでみました、日本国憲法。 (日本おばちゃん連合、即加入したい!)

”主権在民”なんです。

例えば、安保法案。 賛成、反対、両方の意見があるけれど、 「自分は、こう考える」と意思表示したい。 ちゃんと、自分なりに思考を重ね、選択することをやめてはいけない。 あきらめてはいけない。無関心ではいけないなと。

毎日の当たり前の生活も平和も、いろんな事全て、ホントは当たり前でないんですよね。 自分たちの持ってる権利を使わないのは、もったいなーい。

ガンジーだって、マザーテレサだって、最初はたった一人から。 一人の力は大きい。 さぁー、目覚めよう!諸君ー‼(・・・、あんた何者じゃーい(*_*))

いろいろと・・・、

いつもなら、忙しい春と秋の間の夏は、ちょっと一息夏休み~♪ な感じですが、 話し合うこと、考えること、そしてまた話し合うことの多い夏でした。

あっという間に9月になって、稲穂は金色に色づき始め、 まわりの季節は秋へと巡りってます。

話してみないと、お互いすれ違っていたこと。 話してみたから、改善策を考えられたこと。 話してみても、分かり合えなかったこと。

いろんな結果になったけど、やっぱりお互い話をするのは大切なこと。

よく聞かれます。「どこを目指しているの?」と。

こっちの方向かなぁ~、ってことくらいはイメージしているけれど、 目の前のことを精一杯に。 気が付けば、歩んできた細ーい道が出来ていた。 いつもそんな感じです。

有難い事に、やりたいことがいっぱいあって、 関わってくれる人も少しづつ増え、特に若い世代の仲間がちらほら見えてきました。

数年前に妄想していた事も形になりつつあります。

去年に続き、2回目の11月22日「里と山の文化祭」も、少々遅れ気味に焦りながらですが、ほぼ企画が固まり、 後は、フライヤーの出来上がりを待つところまで漕ぎつけました。

大好きな川根で、窓からの風景を眺めながら、今日はいろいろ総仕上げ。 カラッと爽やかな風の吹く午後です。

こんなひと時が、かけがえのない穏やかで幸せな時間です。

みんなの学校

すごい映画、見つけました!

「みんなの学校」 大阪の大空小学校という学校の取り組み、 ”不登校も特別支援学級もない 同じ教室で一緒に学ぶ ふつうの公立小学校の   みんなが笑顔になる挑戦” を撮影したドキュメンタリー映画です。

とにかく素晴らしい! 1人でも多くの、どんな人にも、大人も子供も、学校の先生も、いろんな人に観てもらいたーい‼ってことで、 去年やった「里と山の文化祭」。 今年も、いろんな人のご尽力で「第2回 里と山の文化祭」11月22日に開催が決定致しました。 この時に、大ホールで「里山シアター」として、上映会、やりまーす♪

なんとー‼ 「みんなの学校」「夢は牛のお医者さん」「未来の食卓」の豪華3本立て。 どれも、地域の学校や小さなコミュニティー、小さな村全体で助け合いながら取り組むいろいろを映し出したドキュメンタリー映画。 めっちゃええけんヽ(^。^)ノ

どんなにええか? もちろん! それは観てのお楽しみ~。 観ると観ないでは、次の日からの人生が変わっちゃうよん♡

勲章か?!

3日くらい前、まぶたの上のシミをよく見ると、ハートの形! いつから出来ていたのか? もっと早く気付けよって感じですが、毎日、ろくに自分の顔を見てないってことなんでしょうね・・・。

今年のテーマは「フェミニンなおばちゃん」なんだけど、”キュートなシミ”が、フェミニンなおばちゃんを後押しか~?

シミはシミでも、なんか嬉しい。 シミもシワもだんだん増えてきたけど、年を取るのも悪くないと思ってます。

若いころは受け入れられなかった事もだんだん”まぁ、ええか”と受け入れられるようになったり。 体力もちょっとずつ落ちてきてるんだろうけど、まだまだ頑張れてたりすると自分で自分を褒めてあげられるし。

若いころの職場のモットーは、 「執念こそ活動のエネルギーだ!」だったけど、「情熱こそ、活動のエネルギーだ!」と思う。

もう充分な大人と言えるほど年を取ったけど、 若いころと同じように、情熱がある事が分かったし(^^)

まぶたにハートを携えて、 ”おばちゃんやけど、楽しそうやなぁ””年を取るのもええなぁ”と、 若者に思ってもらえる「フェミニンなおばちゃん」になるぞ~‼