2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

楽raku市・Ⅻ

   楽raku市・Ⅻ

 2013 11/24(日) 10時~16時       25(月) 9時~14時  西条市丹原町川根甲455-1(090-7629-8310 野島)

楽raku市も早くも12回目を迎えます。 いつものように楽しみながら作った手作りの雑貨と出来る限りオーガニックな素材を使った お菓子や天然酵母パンが並びます。 当日は、cafeもオープンしますので、お野菜中心の菜食ランチ(700円)や、 雑穀カレー(500円)、オーガニックコーヒーや無添加のジュースなどを取り揃えています。 

秋の深まるのどかな里山へ是非どうぞ~(^.^)

素敵なイベント

27日の日曜日。 今治市大島でクラフト市場という素敵なイベントに楽raku市チームで参加。 去年から参加させてもらているのだけど、いろんなところに心遣いの感じられるイベントで、 学ばせてもらう事がいっぱいでした!

一緒に行ったメンバーは、青空マーケット仲間の「うず」さんと「ハニカム」さん。 笑呼心のメンバーは子育て中のお母さんなので、週末は子供達の野球やソフトなどで、 なかなか揃いません。 こうやって、気の合う仲間とユニットを組めば、無理なくイベントに参加する事が出来るので、 新しい形の創出です(^.^)

楽しくて、あっという間に終わり、帰りがちょうど夕暮れ時で、 亀老山展望台で観た夕暮れ時の絶景というおまけもついて、最高の一日でした。

種を、

播種機

蒔いて蒔いて蒔いて蒔いて、蒔きました!

10月10日は丸一日。 10月11日は午前中。

まんがら農園の育ちゃんに借りた播種機(種蒔き機)という新兵器を使って、 約5反の畑の菜種の種まきがほぼ終了。

3日後くらいの発芽をドキドキしながら待ちます。 「幸せの黄色い菜の花大作戦」も5年目。 気合、入ってます!(^^)!

10月6日・青空マーケット

マーケット会場の畑ではソバの花が満開。

日曜日、久し振りの青空マーケット。 みんなの願いが通じたのか、はたまた執念か?!台風24号も西に逸れ、曇り空の下、開催。 珍しく、風もほとんどなく穏やかな一日でした。 来ていただいたお客さまも、”長時間滞在”の方が多かったような・・・。 私も、お客さまから「ブログを覗いてますよ~」なんてお声掛けいただいて、うれし恥ずかし♪

「季節を感じながら、自然の中でのんびり過ごしてもらいたい」という、 私達、出店者の一番大切にしているところを実現出来ている感じです。

今回は、ちろりん農園・ちゃこさんの「とんぼ玉教室をやってみたい」という夢がかないました。天然酵母パンのLemonさん、リラクゼーションのハートホリスティックワークるるさんも店舗を構え、うちの笑呼心工房も営業許可に漕ぎつけと、関わっているみんなが自分達の歩みを一歩一歩進んでいる姿も、嬉しい限りです。

イベント終了後、毎回行う仲間内でのプチミーティングでも、 「久し振りに出店仲間に会えるのが楽しい、うれしい。このマーケットの雰囲気が良い」と、多数の出店者が言ってくれたし。

なんか、うれしいなぁ。

12月のマーケットでは、毎月第1日曜日に開催しているkawaneya(地元川根周辺の農産物直販市)も青空マーケットと共同開催となったことだし、もう少し、村人にも関わってもらうような仕掛けをして、来てくれたお客さまと触れ合いがもてたらなぁ。

青空マーケットは、オシャレ過ぎず、敷居も高過ぎず、でも、地球にも人にも優しい出来る限りのオーガニック。そして農に携わる人が生き生き出来るようなマーケット。

のんびりゆったりほのぼのと。

こんな感じで続けていけたらいいなと思ってます(^-^)

小学生もやって来た!

笑呼心工房の認可が取れた10月2日、 片道3キロ弱の道のりを歩き、徳田小学校の1・2年生も川根へやって来ました。 ちびっ子達と近くの「いのししの遊び場」を見学。 「これなんだ?」とススキを指さすと、知らない子が多数でちょっとびっくり!

自然の恵みを味わってもらおうと、ヨモギと葛の葉を自分達で探してもらい、天ぷらに。 ヨモギは独特の風味があるからどうかなぁと思ったけれど、予想に反して、大好評。

揚げては食べ揚げては食べで、揚げるのが間に合わないくらいの勢いでした(^.^) 中には、「こんなに美味しい天ぷらははじめて」なんて言う子も。 そして、アンジェラのデカさに驚く子も(+_+)

みんな自然に触れて自然の恵みを堪能してくれたかなぁ。

翌日には、素敵なお手紙が届きました。 可愛い‼

10月2日

大安吉日。 保健所の現地確認が終わり、菓子製造業の許可を頂きました~!(^^)! 川根に移り住んで始めた、菜種油を搾油する菜の花を栽培する「幸せの黄色い菜の花大作戦」。 作った菜種油を使ったカラダに優しいお菓子を作りたい、いつか工房を持ってと思っていましたが、 今年の春からスルスルと事が進み、晴れて「業者」に♪

このスルスル感は結婚と同じ。 その時は、流れに乗ってスルスルと~です。

”農”に携わるようになって、改めて”農”の疲弊を感じました。 食べる事は生きること。何より大切な事の一つです。 自分達に出来ることは小さいですが、やれることをやっていく。 そして今度、菓子工房が出来た事でまた新たな展開も拓けそう。

画像は工房の窓から見た景色。 白いハウスが「kawaneya」です。 マイトラクターのラブちゃんの姿も見えます。

今から此処から自分達らしく・・・・・・・・歩みはつづくよてくてくと~。