2011年6月
« 5月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

挑戦‼

草刈りの忙しい季節になりました。 去年から草刈り機デビューをした私。 今年は傾斜地に挑戦です。 挑んだのは、傾斜45度の過酷な畔。 いつもは夫がやってくれていたのだけど、 菜種のために借りたこの畑。 出来る事は自分でやらなくては‼ なんとかやり終えたものの、1時間くらいは動けないほどの疲労感。 こんなにしんどいのに、いつもさらっとやってくれていた夫の有難さが身にしみます。 草刈りから学ぶ”感謝の気持ち”を胸に、 今日も広大な面積の草刈りに挑戦です(@_@)

愛しのマリリンちゃん(草刈り機)

梅仕事

過酷な脱穀作業をしながら、第一弾の梅仕事。 梅ジュース用に5キロと、私の楽しみ?!梅酒用に2キロ。 もう少ししたら完熟梅を梅干しに。 暑い夏、おいしい梅ジュースや梅干し、梅酒のロックで乗り切ります!(^^)!

子供達と・・・

昨日は、地元・徳田小学校の4年生が脱穀体験に来てくれました。 学校から3キロ弱ほどの道のりを歩いてきたせいか、 気だるいムードで始まった脱穀体験だけれど、さすが4年生。 慣れると、力強い踏み込みでじゃんじゃん作業をこなしてくれます。頼もしや~。

30分あまりの作業のあと、菜種油の説明や環境の事を ちょこっと説明して、もう少し時間があるからとまた脱穀をしてくれました。 楽しそうだったのに、 「来年も来てよ~」と言うと、 「ええっー」と答えたのはなぜですのん?(@_@)

脱穀作業

梅雨の合間をぬって脱穀作業が最盛期! 農作業に情熱と脂肪を燃やす時期がやってきました。

昨日も必死で脱穀をしていると、 村人①(通称・いせ兄)が現れて、 「わしらの子供の時は、シートの上で足で踏んで脱穀したもんじゃ。 脱穀機なんかより早い」と助言をくれる。 かなり原子的だけれど、なるほど早い。 次に現れた村人②(通称・しんちゃん)が、 「うちに足踏み脱穀機とトウミがあるからあげよ」と。 いろいろ声掛けして探したのに見つからなかった脱穀機がポロっと手に入る。 そして、某所のТ氏が、電動脱穀機も貸してくれた‼

石の上にも三年。 へっぽこながらもやってると、いろいろな人が助けてくれて本当にありがたい。 4台の脱穀機とシートの上で踏み作戦で、本格的な梅雨までに間に合うか脱穀~。 ただ今、2キロ減。目標、あと3キロ。燃焼しきれるか、脂肪(@_@)

ゲットした農機具

(^.^)

最近読んだお気に入り。 読んだ後、元気が出てうれしくなります♪

頑張るぞー‼

6月5日の日曜日から、今年の菜種の刈り取りが始まりました~。 脱穀体験には、10組の親子が参加してくれ、 足踏み脱穀機とトウミを使っての脱穀作業。 種が脱穀機でサヤと分離され、トウミでさらに種だけになる様子に、 ”へぇ~”とみなさん感心。 作業の後はカレーでお昼ご飯。 カラダを動かした後の外でのご飯は格別。 お天気も薄曇りで作業には最適。 「平成の童喜ぶ菜種刈り」と、 松山から一句送ってくれた梶野さんの句のように、 笑顔がいっぱいになりました。

当日は青空マーケットも開催中で、 里山で、小じんまりとではあるけれど、 ”ええ感じ”(^.^) マーケットは8月は夏休みで次回は10月2日。 夏の間に、みんなで集まってミーティングをしたいな。 後半にむけての作戦会議です! 私達主催者が楽しいと思えるマーケットであるように。 仲間がいる心強さと喜びを感じながら。