2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ホンマでっか?!

img_1137

ホンマでっか?!な出来事が年に数回起こるのだけど、先週の土曜日の事。

実は、3週間前くらいに県から助成金のお知らせが届いていて、
その対象期間が10月15~11月27日。
企画の最終締め切りが6月30日。
テーマが「文化事業」(斬新なアイディア求む)というもの。

これはまさに11月5日のてんつくマンの日‼
おぼろげに、丹原近辺のネットワークをつないで田舎の魅力を発信したいと
思っていた私の妄想の実現か。
そう感じてプランをを練り、てんつくの講演会もその中に入れ込み、
構想がまずまず固まったのがこの前の土曜日。
そうだ、そうだ、会場を押さえないと話にならないからちょっと聞いてみようと、
丹原文化会館に連絡。
そうすると、信じられない言葉が・・・。
「11月5日は予約が入っていませんよ。最近、予定が入ってしまって大ホールも小ホールも埋ってます」
ええーっ‼
11月5日の小ホールの予約をちろりん師匠にお任せしていたはずななのになぜ?
すぐにちろりん師匠に連絡すると、どうもお互いの確認不足。ちゃんと確認しなかった私が悪い(@_@)
ああ、なんてこと。でも、まだ半年先。取り敢えず、会場とてんつくの事務所に代替案をお願いし
体制を立て直す。

このチョンボは、細心の心配りで事を進めなさいということだ。

でも、何か違う。ちょっと心をフラットにして何が閃くか心を澄ませてみる。

あれ~、最初にてんつくを呼んで伝えたいと思っていた事とズレてきてる?
助成金がもし取れて、人をたくさん呼べて、それでいいの?
本当に伝えたい事はどっちが伝わるの?

そうだ、そうだ、そうだった‼
助成金、やめよう。
てんつく、頑張ろう‼
そう決めると、心がスッコーンとクリアに。
と、ここまでが土曜日の夕方から夜にかけての出来事。

そして、日曜日の朝、一本の電話が。
丹原文化会館の館長さんからで、
「実は昨日の夜遅く、11月5日にお願いしていた講演先から連絡があり、キャンセルになりました。
なので、予定通り11月5日にどうぞ」

ホンマでっか?!
マジっすか?!

ズレてた軌道を修正したら、11月5日が私達の元に還ってきました!(^^)!
”これは偶然”、と理解してクールでいるより、
”いいえ、私には神さまがついてる。神さまありがとう~!”、と思って嬉しくなれてワクワクして、
めっちゃ幸せな気持ちになれる。
そんなめでたい私が好きです(^.^)

Comments are closed.