2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

聖夜に・・・

今年のイブも大忙し。 帰宅したのは夕方5時半。 イチゴのケーキをチーズケーキに変更し、パンを焼き、 娘のリクエストのチーズフォンデュとサラダを準備。 夫の帰りも遅かったから、ちょっと遅めのクリスマスディナーになんとか間に合った(+_+) サンタさんも無事に訪れ、穏やかなクリスマスイブとクリスマスを過ごせた事に感謝。 クリスマスの朝、プレゼントを見つけて喜びいっぱいの娘。 家族のささやかな幸せのひととき。 願わくは、一人でも多くの子供たちが、世界中の人々が この世界に存在する命のすべてが、 心温まる聖夜を過ごし、 穏やかな2009年の終わりと希望にあふれた新しい年を迎えられますように・・・。

(@_@)

先週の15日・火曜日に人生初の講演会に挑んだものの・・・。 やってしまったのです(@_@) 持ち時間、1時間30分。 パワポなどを混ぜ込んで、約1時間10分くらいお話をして、 残り20分で質疑応答と思っていたのに。 最初の滑り出しはバッチリ。 調子に乗って下書きを見ずに話していると、だんだんだんだん早口に。 そしてかなり大切な部分をはしょって、何をしゃべればいいかわからなくなって、 40分くらいで終わってしまった~。 残りの時間はたぶん前代未聞の座談会に。 ちゃんとこなせなかったのは、主催者の方々にご迷惑をかけてしまったし、 どうしたものだろうと考えた、考えた、考えた。 でも、ムクッと心に浮かんできたのは”伝えたい”という気持ち。 今回の事はちゃんと受け止めて、 自分の中の思いを自分らしく伝えられるようになっていきたい。 また頑張ろう‼

これなーんだ!

答えは、とってもおおらかに広がりながらお育ちの白菜さん。 植え付けが遅かったので、葉を巻く気配は皆無です(+_+) しかしながら、鍋に煮ものにと必要枚数ずつ使えるので、かえって便利かも!? 白菜の葉って、採れたてはちくちく痛い細いトゲトゲがあるの知ってました? 作るからこそわかる事っすよね~と感心。 少々歯ごたえのある白菜だけれど、愛しみながらいただいております。 次はゴルフボールくらいのカリフラワーの成長を今か今か、それともこのままか・・・と、 期待と不安の入り混じる親心、いえいえ、食いしん坊魂で心待ちにしている今日この頃です。

久し振りに・・・

土曜日は新居浜の神郷公民館で、ハッピーの”かけ箸”。 マイ箸と環境問題、世界のつながりのお話をした後に親子でマイ箸作り。 おじいちゃん、おばぁちゃんと参加している子供もいて、 小さい時から扱いなれてるこのシルバー世代はほとんどの方がかなりお上手! ワークショップの後、素敵なプレゼントを頂いたのでブログにアップしました。 いつも”ありがとうございました”と言葉をかけてもらうけれど、 出来あがった後のみなさんの笑顔に私の方こそ元気をもらってます。 呼んでいただいて、感謝です~(^.^)

ご褒美

昨日は、夕方から娘と二人で久しぶりに温泉に。 オーガニックマーケットで頑張った自分にご褒美♪ 中途半端な時間に行ったから、貸切の広いお風呂で肩こりも改善! すまない、のーちゃん(夫)。あなたは仕事中なのにね~。 そんなこんなで心身ともにリラックスして迎えた今日も小さなhappyが。 午前中は笑呼心のキャンペーンガール(うち、キャンギャルがいるんですよん)が来て、 楽しい時間を過ごし、お昼ご飯を、まんがら農園の里恵ちゃんちでごちそうになり、 そして、待ちに待った、私達の菜種油がもう少しで搾れるとの朗報が舞い込みました(^.^) なんと、50キロの油が出来たそう。 500mlの瓶66本と、900mlの瓶20本。 うれしい~! 到着が待ち遠しい~! 早く来ないかな~! みんな、買い放題よ~!(@_@)

報告!

エネルギー満タンで臨んだ、オーガニックマーケット。 土曜日でエネルギーを使い果たし、ブログにアップするのが今日になってしまいました(@_@) 私達、笑呼心チームのジャムやドレッシング、 シブいところでユズ大根などの加工品と、 里山の季節感を醸し出すリースなど。 各農園さん自慢の新鮮な農産物や、 仙九郎くんや西川・チロリンさんのライブ♪ ザンビア子供基金のバンダさんと、 コープ自然派も来て盛りだくさん。 2階のカフェも藤田さんちの薫さんの”菜園ランチ”が瞬く間に完売(美味しかった!) 私達の、懐かしのすいとん汁やシチュー、根菜カレーも完売でした。 コーヒーやユズティー、ジンジャーティー、おきらくチームのぜんざいも好調。 回収の方も、廃油が30ℓ、衣料が約軽トラに2車山積みくらい集まった。 みんな本当によく動いた、働いた、やり遂げた~!(^^)! お客さまにも出店者にも笑顔が溢れてて、最後は虹まで出てた。 終わってからスタッフと話したのだけど、 ”オーガニック”とすると、なんだか頑なな、厳しい感じがするので、 方向性はもちろんオーガニックなんだけど、うちの集落のじーちゃんやばーちゃんが 家族のために無農薬や省農薬で育てた野菜なんかも取り扱って、 じーちゃん・ばーちゃんの顔が輝く笑顔になればうれしいから、 ”あおぞらマーケット”と改名して3月くらいに次を開催しようかなぁと計画。 来年もやる事いっぱい、夢いっぱい(^.^) 「いろんな笑顔をひろげる笑呼心製作所」、創業2年目の2010年は今年よりもフル回転の予感ですな。 みんな、なんとか頼むよ~‼

WE ARE ТHE WORLD

”僕たち何かをやらなければ、と決心しなければならない時があるんだ  だって、世界中の人々に救いの手を差し伸べるには、それが最善の策だもの  自分たちの命を守りたいと願うなら、それを実現する方法があるのさ  なのに、僕たちは素知らぬふりをしているように思えてならないよ    以前の僕は、相手を思いやる心さえあればそれでいいと思っていたよ  つまりそれは、他人の力を必要とすることに対して臆病になってる証拠なんだ  そんな時、僕は新聞の一面記事で飢餓に苦しむ人々がどんどん死んでいることを知ったよ   もう無関心ではいられないのさ

 僕らが住んでいる世界はひとつ、僕らはひとりひとりが同じ命を授かったんだ  みんなで力を合わせれば、きっと世の中をいい方向へ導くことができるよ  だから、今から救いを求めている人々が必要としているものを与えよう  けれど、自分たちにやる気がなければダメなんだ  力を合わせれば、きっと世の中を良くすることができるよ  みんなと僕が力を合わせて実現しよう

 心を開けば、誰かが自分のこと思ってくれていることに気づくはずさ  飢餓に苦しむ人々ひとりひとりを救ってあげられるんだ  新聞を読んだら、協力しようと申し出た人が断られたって書いてあったよだったら、断られてもくじけずにまた掛け合ってみればいいのさ・・・”

一人の力は小さいけれど、無力ではないのです。 耳を澄ませば、いろいろな事に気づくはず。 これだけ、温暖化が進むと大変な事になると叫ばれていても、私は明るい未来しかイメージ出来ません。 毎日、ワクワクを胸に抱いています(^.^) だって、世界中の人が一番大切にしなければならない事に気づいたら、 きっとたった一日で世界は大きく変わると思うから。 悪くなって欲しいと望む人より、良くなって欲しいと願う人が大多数でしょ? 私はマイケル・ジャクソンのように世界に歌で伝える事は出来ないけれど、小さな輪を広げよう。 いろんな人がいろんなところでいろんな輪を広げて繋がれば、大きな輪となって善き事に繋がっていくでしょう。 そんなかなりお目出度い私はたいていいつもエネルギーが満タン‼です。 今日は朝から明日のイベントのレイアウト。 頑張りま~す♪    

そして今日は・・・

ユズのマーマレードが完成。 メンバーAのじーちゃんが作った、無農薬の大ユズを使ってコトコト、コトコト。 マーマレードとして食べてもおいしいけれど、 お湯を注いで、”ユズtea”もおいしい。 種子島洗糖で煮たユズは、なんとも優しい味で我ながら上出来(^.^) カフェでもユズteaが飲めるし、マーマレードも販売しますよん。みなさん、お楽しみに~。 と、そんなこんなの準備をしながら、村のばーちゃんをナンパ‼ 愛子さんとシズエさん、正子さんのナンパに成功。 無農薬のミカンとユズ、大豆やキンカンを出品してくれることに。 私のスーパーサポーター・正子さん。 ここに引っ越してきて、いろんな事で助けってもらってる。 夏の終わりにご主人さんが旅立って、一人に。 これから、オーガニックマーケットを定期的にやっていきたいと話すと、 ”ほんなら頑張って作らないかんね”と笑ってくれた。 うれしい。 ちっちゃなマーケットだけれど、いろんな笑顔のかけはしになれたら良いっすねと改めて思う。 気力・体力、満ち満ちてます~♪

昨日は・・・

リースが完成! 楽raku市の頃はまだ色づいていなかった木の実もきれいに発色。 オーガニックマーケットに彩りを添えてくれます。 そのうち、裏の山を散策しながら木の実を集めて、 親子で季節を感じながらのリース作りのワークショップなんかをしてみたいなぁ。